お知らせ・キャンペーン情報・コラムなど

アトピー性皮膚炎と食物アレルギーについて

[ コラム ]

こんにちは 院長の星野です

最近、食物アレルギーの方が増えております。
特に 小児期の食物アレルギーの発症を少しでも抑えるために
皮膚科や小児科の専門医のための研究会に参加してまいりました。

食物アレルギーを予防するためには乳幼児期に早期に卵などを食べたほうがいいのでしょうか
それとも遅く開始したほうがいいのでしょうか?時代とともにいろいろ研究がすすんできました。

経口でのアレルゲンの摂取と経皮侵入(皮膚からアレルギー物質が侵入する)のコントロールで
食物アレルギーの発症を減らすことができるのです。

特に乳幼児期の皮膚炎の治療は重要です。治ったようにみえてもすぐに治療をやめず
プロアクティブ療法といって良くなったところにも外用を継続します(頻度や外用剤の強さは
医師と相談しましょう)

当院では小児アレルギーの先生とも連携をとりながら
皮膚科専門医として治療に携わっていきたいと思います。

生まれたての赤ちゃんからも安心して受診してくださいね。