ピコシュア(ピコレーザー)

南大阪初導入
従来のレーザーと比べて格段と早く・きれいにしみなどを取り去る次世代レーザーです。
フラクショナル照射で、しみを除去しながら、しわやにきび痕の改善も可能に。

ピコシュア(ピコレーザー)とは

従来のレーザーはナノ秒単位で照射しますが、ナノの1/1000にあたる1兆分の1秒の「ピコ秒単位」のパルス幅でレーザーを照射することができる次世代レーザーが、ピコレーザーです。 衝撃波で色素を瞬時に粉砕し、今までのレーザーに比べ、しみに高い効果があります。

当院では、世界でも実績のあるサイノシュア社の「PicoSure(ピコシュア)」というピコレーザー機械を導入しております。
今までの多くのレーザーや光治療器IPLとは、比較にならないほど「早く」「綺麗に」シミを取り去るピコレーザー「ピコシュア」は、しみ・しわ・にきび痕・タトゥー・毛穴の引き締めの改善にアプローチできるレーザーです。

ピコシュアの治療の目的・効果

  • しみ
  • しわ
  • にきび痕
  • 毛穴の開き
  • タトゥ除去

本治療は全額自費治療です。 メニュー・料金を見る

副作用について

施術前に、起こりうる副作用についてご説明させていただきます。
万が一副作用が発症した場合は、当院にて適切な治療を行わせていただきます。

考えられる副作用
熱傷 / 赤み

ピコシュアの治療のポイント

しみをより早く、綺麗に。

従来のレーザーでは、メラニン色素にレーザーを当てることで熱を発生させ、しみを除去していましたが、ピコ秒で照射するピコレーザーは、熱作用がほとんどなく、衝撃波で色素を粉砕します。岩のような状態となっていたメラニン色素を瞬時に砂状態にまで砕きます。

従来のレーザー
ピコレーザー

表皮に傷をつけないフラクショナル照射が可能

フラクショナル(点状)照射とは、皮膚表面に多数の点状の穴を開けることで、真皮のコラーゲンの生成を増加させ、皮膚の再生を促す治療です。皮膚表面に傷をつけることになるので、照射後は長いダウンタイムが発生していました。
しかし、ピコシュアのフラクショナル照射では、表皮に近い皮下部分のみにダメージを与えることができるため、皮膚表面に傷をつけることなく、真皮のコラーゲンやエラスチンを反応させることが出来ます。肌に傷をつけることなく、しわ・にきび痕・毛穴の開きを改善するだけでなく、肌の若返りにも高い効果を発揮します。ダウンタイムが短くていいことが特徴です。照射当日はメイクはできません。

ピコ・フラクショナル

にきび痕に効果的

ピコレーザーの場合ダウンタイムが少なく、フラクショナル治療が可能となります。
その為、レーザーが肌の深部まで作用して、クレーター状のにきび痕や赤み・色素沈着のあるにきび痕や、開いてしまった毛穴など、ダメージのある肌を生まれたての新しい肌に入れ替えることができます。

ご注意

  • ピコシュア照射当日は、お化粧はできません。
  • 以下の方は、ピコシュアの治療ができません。
    妊娠中の方、ヒアルロン酸注入後の方、金の糸(ゴールデンリフト) が入っている方、光線過敏症の方、一部の内服治療を受けている方